キャリアアップに独立も!?   資格を生かしたライフプランを考える。

 私自身、資格を取ってからは仕事ぶりが変わりました。
お客様への対応力が上がり、営業にも自信を持って取り組めるようになったのです。
職場でも評価を得ることができ、スキルアップ、キャリアアップの可能性を確信しました。
今まで以上に視野が広がったこともあり、“将来的には独立も……”と、
ふと頭をよぎることがあります。
ファイナンシャルプランナー(FP)は「独立開業型」の資格と言われるだけあって、
幅広いジャンルで活躍していることもわかりました。
少し調べてみると、働き方は多岐に渡ります。
ひとつは企業系FPとして活躍する方法。
金融機関(生命保険や損保保険の会社、あるいは銀行、不動産業界など)に
勤務している資格保持者で、自社の金融商品、保険商品の販売に役立てます。
これらはファイナンシャルプランナーの知識が不可欠。
また、お客様サービスの一環として、窓口での対応や休日開催も含めた
無料相談会を実施するケースも。
将来の独立に備えてスキルを磨いたり、人脈をつくったりする機会になります。
もうひとつは独立系FPとしての働き方。
金融機関等には所属しないものの、FP会社と呼ばれる組織に所属・登録して
仕事を行うもの。
特定商品の販売目的ではなく、ニュートラルなスタンスでお客様のご要望の実現を
目指します。
個人事務所を設けて、活躍の場を広げているファイナンシャルプランナーも数多くいます。
いかがでしょうか。
資格取得を考えている段階の方も、具体的に取得準備に取り掛かっている方も、
将来のことを考えるとモチベーションが上がりますよ。
ファイナンシャルプランナーの検定試験に関わらず、世の中で通用する資格の試験は
簡単ではありません。
だからこそ挑戦し甲斐があり、達成感が大きいのです。
自分のライフプランを考えると、それだけでワクワクしませんか?
夢を見るだけで前に進めませんから、夢の実現に向けてスタートしましょう。
私の夢はまだ実現していませんが、ライフプランは着々と進行中です!